2013年07月04日

カルピス料理〜サーモンの巻〜

カルピスと銀鮭
懐かしさを感じる甘酸っぱい美味しさ(食材王国みやぎ7月の地産地消メニュー)

 炭酸飲料が苦手だった私は、夏の冷たい飲み物といえばカルピスでした。
夏ギフトで頂くカルピスを楽しみにしていたものです。

そんな飲み物をお料理に使う時が来るとは…
誰が想像するでしょう!!
しかもみやぎの復興のシンボルとも言える『銀鮭料理』でのご紹介です。

カルピスをスウィーツとしてではなく、お料理の調味料とする新しい発想が以外にも『懐かしい味』として喜ばれ野菜嫌いの中高年の男性にもお魚嫌いの子供にも喜ばれています。

『七夕の節句』を控えたこの時期にご馳走感たっぷりの二品をお試しください。


【銀鮭のちらし寿司】
銀鮭もかなり魚体が大きくなってきたようで、スーパーに並ぶ切り身もかなり大きくなってきたようです。
7月7日 七夕の節句は、カルピス 94回目のお誕生日という事で、ファミリーパーティー定番の『ちらし寿司』がぴったり。
極シンプルな具材ながらお重に盛り付け、格調高いおもてなし料理としてご活用頂けます。
カルピスを合わせ酢として活用する、どこか懐かしい食味とサプライズで楽しいおしゃべり間違いなし。
お刺身用の銀鮭が見当たらない場合、鮮魚売り場の方にお願いしてみて下さいね。

銀鮭のちらし寿司


すし飯材料(4人分)
 ○白米   2合
 ○すし酢  大さじ3杯
 ○カルピス 大さじ3杯
<具材>
 ○刺身用銀鮭   8切れ又は12切れ
          (+3切れ/中央部)
 ○絹さや     5枚分
 ○錦糸卵     1個分
  ・卵      1個
  ・旨塩     ひとつまみ
  ・水溶き片栗粉 小さじ1杯

準 備
 〇 すし飯を作ります。
   -1 米を研ぎザルにあげて水気をきり、出し昆布をのせ水加減はやや少なめ
     にして炊飯します。
   -2 合わせ酢をつくります。
     小さなボールにすし酢を入れ、カルピスを加えながらミニホイッパー
     などで良く混ぜ合わせます。
   -3 ご飯が炊けたら、すし桶や大きめのバットなどにご飯を山型に盛り、
     合わせ酢を全体に回しかけ、手早く木ベラで切るように混ぜて
     人肌位までうちわであおいで冷まします。
 〇 錦糸卵を作ります。
   -1 卵黄と卵白が分離していように溶き、旨塩と水溶き片栗粉を加え、
     よく混ぜ合わせます。
   -2 大きめのフライパンを中火で温め小さじ1杯のサラダ油を回し入れ
     余分な油分を除きます。
   -3 フライパン中央に玉子液を流し入れ、手早くフライパン全体に
     まわして薄く均一な厚みに整え、余った玉子液は元の器に戻して
     焦げ目がつかないように焼き上げます。
   -4 薄焼き玉子の端の方からフライパンとの間に空気を入れつつ丁寧に
     取り上げ、別容器に取り上げます。
   -5 十分に冷めてから細く刻みましょう。
 〇 飾り用絹さやを作ります。
   -1 絹さやは筋を取り、硬めに塩ゆでして冷水に取り、色鮮やかに茹で
     仕上げます。
   -2 細めの斜め切りに切りそろえます。

作り方/盛り付け方
 1.重箱にすし飯を押し付けずふんわりと敷き詰めます。
 2.準備してある銀鮭の刺身をすし飯の中央を空けて上下左右同じ方向に
   並べます。
 3.重箱の中央にお花のように銀鮭の刺身を盛り付け、その周りを錦糸卵で
   囲み、細めに切りそろえた絹さやを散らしたら出来上がりです。


【炙りサーモンの生野菜サラダ】
生食ができるみやぎの銀鮭の特徴を活かし、表面をさっと炙って生野菜サラダでいただきます。
ひと手間かけた分、格段に美味しい炙りサーモンの出来上がりです。
ドレッシングは、マヨネーズやゆで卵、ケッパー、ピクルスなどを加えてタルタルソースとしてもご活用頂けます。
ぜひお試し下さい。

炙りサーモンの生野菜サラダ


材 料/3〜4人分
◇炙りサーモン
                        ・銀鮭刺身用       1柵(250g程度)
 ・旨塩          銀鮭の1%の分量 
 ・コショウ        少々

◇ドレッシング(作りやすい分量)
 ・穀物酢         50cc
 ・旨塩          2.5g
 ・カルピス        50cc
 ・EXオリーブオイル    25cc
 ・コショウ(粗挽き)   多めが美味しい

◇生野菜サラダ (サラダボウルごと冷蔵庫で冷やしておく)
 ・ベビーリーフ      1袋
 ・きゅうり        1本(4〜5cmの短冊切り)
 ・パプリカ(黄)     1/4個(縦にスライス)
 ・プチトマト       5〜6個(半分〜1/4に切る)

<下処理:美味しく作るためには、下処理が大事なポイントです>
 -1 50℃のお湯をたっぷりボウルに張り、刺身用銀鮭を柵ごと入れ表面を
   よく洗います。
   その後冷水に取って冷まし水気を拭き取っておきます。

準 備
 ○ 銀鮭をバットに乗せ全体に旨塩を振って常温で1時間休ませておきます。
   (蓋かラップをしてください)
 ○ ドレッシングは酢に塩を加えてミニホイッパーで混ぜ合わせ、塩が
   溶けたらカルピスを注いで混ぜ、オリーブオイルを少しずつ加えながら
   混ぜて仕上げにコショウをたっぷり加えればOK。

作り方
 1.塩を振って1時間休ませた銀鮭は、軽くコショウを振って薄くサラダ油
   (分量外)を敷いた熱々のフライパンで表面全体をさっと焼いてバットに
   取り、冷めたら冷蔵庫で1〜2時間ラップをして冷やしておきます。
 2.冷やしておいた銀鮭を食べやすい大きさに切って、ボウルごと冷やして
   おいたたっぷりの生野菜に乗せれば出来上がりです。ドレッシングをかけて
   お召し上がりください。



佐藤 綾子

posted by 料理 レシピ at 10:00| みやぎの銀鮭レシピ