2013年06月20日

ゼリー寄せサラダ

ゼリー寄せサラダ
普段使いのお野菜達をキラキラ輝く一品料理に♪

今年もうっとうしい梅雨の季節となりました。
ムシムシジメジメしてくると、途端に食欲が落ちてしまうという方も少なくないと思いますが、そんな時はつるんと喉越しのよいゼリーのサラダはいかがでしょうか?

 ゼリーというとデザートやおやつに食べることが多いですが、ゼリーの素のゼラチンはタンパク質の塊といってもいいほどの代物。
食欲がなくてお肉やお魚が進まない時でも、口当たりのいいゼリーなら以外に食べられるので、タンパク質を補うには使えるアイディアですよ。

写真は天の川をイメージしてコーンの星屑にオクラの彦星とトマトの織姫をのせました。
ちょっと冷やす手間はかかりますが、簡単なお料理ですので七夕にぜひお子さんと作ってみてね。



材料(内径18cmのリング型1台分)
◇ゼリー液
 ・粉ゼラチン    1袋
 ・顆粒コンソメ   小さじ1
 ・水        300cc
 ・白ワイン     大さじ1

◇ゼリー液に入れるサラダ
 ・プチトマト      5〜6個
 ・オクラ        2〜3本
 ・粒コーン(缶詰)   大さじ2〜3(水気を切っておく)
 ・きゅうり       1本
 ・スモークサーモン   4〜5枚

◇アボカドソース
 ・アボカド       1個
 ・牛乳         大さじ5〜6
 ・砂糖         小さじ1〜2
 ・レモン汁       大さじ1
 ・塩          小さじ1〜1強
 ・コショウ       適量


段取り
 * 初めにゼリー液を作り冷ましておく。
 * ゼリー液に入れる野菜を準備する。
 * ソースは最後に作って冷やす。


作り方
 1.ボウルに半量(150cc)の水を入れ、粉ゼラチンをまんべんなく振り入れて
   ホイッパーなどでよくかき混ぜてダマにならないようにしておく。
 2.鍋に残りの半量の水(150cc)と白ワインを入れ軽く沸騰させ、
   アルコールを飛ばしたらコンソメを入れて溶かす。
 3.@のゼラチンを混ぜた水をAの鍋に静かに注ぎホイッパーで混ぜながら、
   ゼラチンが溶けるまで軽く温め、冷ましておく(常温)。
   (ゼラチンが入ってからは沸騰させないこと。固まらなくなります。)
 4.プチトマトはヘタを取ってから洗い水気を拭いて縦半分に切る。オクラは
   塩で揉んでから茹でて冷水に取り、水気を拭いてから輪切りにしておく。
   きゅうりはよく洗って水気を拭き、上下を少し切り落とし輪切りにして
   おく。スモークサーモンは半分に切っておく。
 5.リング型にプチトマトとオクラを交互に並べ、冷めたゼリー液をひたひた
   位に静かに注ぎラップをして冷蔵庫で30分程冷やし、ゼリー液を固める。
 6.1回目のゼリー液が固まったら、コーンを全体にまんべんなく散りばめて
   Dと同じようにゼリー液を注ぎ、ラップをして冷蔵庫で冷やし固める。
 7.十分に固まったら、きゅうりとスモークサーモンを交互に並べ、
   残りのゼリー液を全て注いでラップをして冷蔵庫で1〜2時間程冷やせば
   サラダは出来上がり。
 8.冷やしている間にアボカドのソースを作る。アボカドは種を取り、皮を
   むいてからざく切りにし、レンジで3分ほど加熱して熱いうちに潰しておく。
   そこに砂糖と塩を加えて混ぜ合わせ粗熱が取れたらレモン汁を加えて
   全体を混ぜ、更に牛乳を少しずつ加えて好みの硬さに調整する。
   十分に冷めたら冷蔵庫で冷やしておく。
 9.あらかじめ冷やしておいた器にゼリーサラダを開け、ソースをかけて
   召し上がれ。

 * リング型から外しにくい時は、50℃位のお湯を張ったボウルに型ごと
   10秒ほど浸け、型の表面のゼリーを少しだけ溶かしてから外すと
   きれいにできます。



西舘 友子

posted by 料理 レシピ at 10:00| レシピby西舘友子