2010年01月26日

2010年のバレンタインにチョコレートロールケーキ

チョコレートロールケーキ
味も見た目も大満足♪

 すっかり国民的一大イベントに成長した「バレンタインデー」。
今年の2月14日は日曜日なので、義理チョコを買わなくて済むという方々は内心ほっとしているかもしれませんね。

となれば本命一本に賭けるのかしら?(なんて大きなお世話!!)
ライバルに差をつけるならやっぱりオリジナルで勝負でしょう♪

男性も納得のビターなチョコレート生地に、甘さ控えめのピンクのクリームがアクセントになって大満足のロールケーキが出来ました。

デリケートな生地なので多少の巻き難さはありますが、難しいお菓子を作れる女性なんて高感度アップ間違いなしですよ!!(うんうん!)

ぜひ早めに練習して2月14日に備えてね。

【スポンジ生地】
 ココアやチョコレートが入ると脂質が多く、どうしても共立てでは泡が消えてしまうので、卵を別立てにして生地を作りました。
ひと手間かけて美味しさアップです!!

材料(28p×24pの天板一台分)
 ・薄力粉         15g
 ・ココアパウダー     20g
 ・グラニュー糖      50g(卵黄用20g 卵白用30g)
 ・卵黄          50g
 ・卵白          85g
 ・レモン汁        小さじ1/2
 ・クーベルチュールビターチョコレート  30g(製菓用のチョコレート)
 ・牛乳          大さじ2
 ・生クリーム       大さじ1と1/2

下準備
 * 卵白は泡立てるボウルごと充分に冷やしておく。(出来れば冷凍庫で、
   卵白の周囲が少し凍るくらいまで)
 * 薄力粉とココアは一緒にして2回振るっておく。
 * 天板に更紙を敷く(角がきれいに出るようにしっかり折ってから敷くこと)
 * オーブンを180度に温めておく。

作り方
 1.小さめのボウルに卵黄を入れ軽くほぐしグラニュー糖20gを一度に
   加えたら、ホイッパーで白っぽくなるまで充分に混ぜる。
 2.チョコレートと生クリーム、牛乳を一緒にして30秒ほどレンジにかけ
   (足りない時は少しずつ時間を追加)、チョコレートが軟らかくなったら
   充分に混ぜ合わせ、滑らかにしておく。
 3.@の卵黄をAのチョコレートに少しずつ加え、その都度充分に混ぜ合わせ
   ておく。(一気に入れると、急激に温度が下がってチョコレートが
   固まるので注意!)
 4.木ベラかゴムベラに換え、粉を混ぜていく。できれば誰かに少しずつ
   ボウルの中心部分に振り入れてもらいながら混ぜて行くとよい。
   一人でやるときは、一箇所に粉が固まらないように少しずつ入れて行く。
   先に入れた粉が少し残っている状態で、次の粉を入れると混ぜすぎに
   ならない。混ぜ終わったら周りをきれいに払っておく。
 5.充分に冷やしておいた卵白にレモン汁と30gから一つまみのグラニュー糖を
   加え、ハンドミキサーの低速で軽くほぐしてから最高速にして泡立てて行く。
 6.ハンドミキサーを常にホイッパーのように動かしながら、2分ほど
   泡立てたらグラニュー糖を半分加え更に30秒くらい泡立てる。
 7.泡立ってきたら残りのグラニュー糖を加え、更に30秒ほど泡立て
   艶のあるしっかりとしたメレンゲに仕上げる。
   (ボウルを逆さまにしても落ちてこないくらい、しっかりと泡立てる)
 8.Cの生地にFのメレンゲの1/3を加え、ホイッパーでゆっくり全体を
   混ぜ合わせる。
 9.Gの生地をメレンゲのボウルに戻し入れ、ゴムベラで泡が消えないように
   混ぜていく。
10.天板に生地を流し入れ、カードなどで隅々まで均し、天板をしっかり
   持って軽く2〜3回作業台に打ちつけて大きな気泡を消し、180度の
   オーブンで10〜12分ほど様子を見ながら焼く。(それぞれのオーブンで
   焼き上がりが異なるので、時間はあくまでも目安)
   ココアが入った生地は焼き色での判別が付きにくいので、焼き時間を
   短めに設定し、竹串を差して確認すること。焼きあがったら天板から
   はずし、ケーキクーラーに乗せて粗熱を取る。
11.粗熱が取れたら(触れるくらいの温度になればOK)、乾燥しないように
   ラップなどで覆って冷ます。
   ここで乾燥させてしまうと、紙がきれいに剥がれず仕上がりが悪く
   なるので注意!!


【ロールケーキの仕上げ】
材料/28cm×24cmの天板一枚分
 ・生クリーム        150cc
 ・ラズベリージャム(糖度30%程度)  大さじ2〜3
  (今回は自家製のラズベリージャムを裏ごしして種を除いて使いました。
  市販品の場合はゲル化剤が少なく発色の良いものを選ぶとクリームが
  よりきれいなピンクになります。)
 ・冷凍ラズベリー      5〜6粒(酸味が強いので入れすぎには注意)
 ・ミントシロップ      大さじ2程度
  (2007年7月23日掲載グレープフルーツとミントのふるふるジュレの
   ミントシロップ
の作り方参照)

下準備
 1.焼き上がった生地が充分に冷めたら静かに紙を剥がし、剥がした紙の上に
   焼き上がった面を上にして乗せる。
 2.縦長に置き、巻き始めになる部分に3〜4本切れ目を入れる。
 3.巻き終わりは納まりがいいように、1.5〜2cm幅くらい斜めに削ぐように
   カットしておく。
 4.ミントシロップを刷毛で乗せるように塗ったら、乾燥しないように
   ラップで覆っておく。
 * 生クリームは分量のラズベリージャムを加え、氷水に浸けながら9分
   立てくらいに泡立てておく。
   (ペクチンの多いジャムを加えると泡立ちやすくなるので、泡立て
   過ぎに注意)

作り方
 1.シロップを打った生地に、パレットナイフなどで泡立てた生クリームを塗る。
   手前の芯になる側には少し厚めに塗る。巻き終わりの斜めにカットした
   部分には塗らないこと。
 2.生クリームを塗ったら冷凍のラズベリーを手で砕きながら全体に満遍なく
   散らす。
 3.手前の3〜4本切れ目を入れた部分を、海苔巻きの時のように芯にして持ち、
   下に引いてある紙を巻き簾のように使って一気に巻いていく。
   崩れやすい生地なので、力を入れすぎないように気をつけて。
 4.巻き終わりを下にして置き、巻いた紙ごと乾燥しないようにラップで
   覆って冷蔵庫で最低1時間以上冷やして馴染ませれば出来上がり。

ラッピング
せっかく上手に出来たら、きれいにラッピングして贈りたいもの。 表面をクリームで覆っていないので、比較的ラッピングもしやすいですね。

ケーキの両端をきれいにカットしたら、クリームの部分にカットしたセロファンやワックスペーパーを貼っておくとクリームがまわりに付いたりしにくいのでお勧め。
ロールケーキ用のギフトボックスも市販されていますし、全体をセロファンで包んでマスキングテープで留めたりしてもかわいいですよ。

2月といっても電車やバス、建物の中は暖房が効いているので必ず充分に保冷剤を入れてくださいね。

あとがき
2010年のバレンタインデーは幸か不幸か日曜日。
我が家の男子達は、きっと撃沈だろうな・・・。
せめて当日は母が美味しいケーキを作ってあげることにします(笑)

 世の中はバレンタインデーさえも不況の波が襲っているそうで、せっかくのワクワクやドキドキも半減といった感じですが、ここでめげてはいられません!!
こんな時こそ手作りで、愛情をたっぷり表現しましょう。

早めに練習して絶対美味しく作ってね!!!
Happy Day になることを祈ってます。



西舘 友子

posted by 料理 レシピ at 10:00| レシピby西舘友子