2009年10月29日

オニオングラタンスープ

オニオングラタンスープ
時間を費やす贅沢な味わい

紅葉も徐々に里山へと降りてきました。
日に日に秋の深まりを感じるこの頃は、心身ともに温まるメニューが恋しくなりますね。

 寒がりの私にとっては、キッチンの火の気もうれしくなる季節。 じっくり時間をかけて「飴色玉ネギ」でも作っておきましょうか。

 玉ネギを炒める手間は少量でも大量でも一緒です。
だったらこの際まとめて仕込んで冷凍しておきましょう。

「飴色玉ネギ」があれば、カレーやビーフシチューも数段グレードアップしますし、オニオングラタンスープもあっという間に作れますよ。

 飴色に仕上げるのは時間のかかる作業ですが、頑張った甲斐のある美味しさが待っています。
「レストランより美味しいかも!」なんて言ってもらえたらうれしいよね〜♪

【飴色玉ネギ】
 プロは1時間もかけてじっくり炒めるそうですが、主婦としてはちょっと面倒・・・ですよね?
そこで今回は電子レンジの力を借りて炒める時間を短縮しました。
火のそばにいる時間がぐっと短くなって、だいぶ気楽に作れますよ。

材料
resipi-091029-2.jpg  ・玉ネギ    大きめ3個
 ・サラダ油   大さじ1
 ・バター    大さじ1

作り方
 1.玉ネギは芯の根元を切り落とし繊維に沿ってなるべく薄めにスライスしたら、
   ほぐしながら耐熱のボウルに入れふわりとラップをかけ、電子レンジで
   10分ずつ3回加熱し、その都度よく混ぜて加熱むらのないようにする。
   (火傷には充分ご注意ください!)
 2.フライパンにサラダ油とバターを入れ弱火にかけ、バターが溶けたら
   一度火を止めてレンジにかけた玉ネギを入れ、全体に油を絡めるように
   混ぜ合わせてから弱火で炒める。(水分がはねることがあるので注意!)
 3.しんなりしてかなり糖度も出た状態になっているので、油断すると
   あっという間に焦げるため、炒め始めたら火のそばから離れないようにして、
   まめにかき混ぜること。(耐熱のゴムベラが使いやすいですよ!!)
 4.なるべく粘ってかなり濃い目の飴色を目指しましょう!!苦くなって
   しまうので、くれぐれも焦がさないように頻繁にかき混ぜながら仕上げること。
   (特に色づき始めると焦げやすくなるので、火のそばから離れず、
   まめにかき混ぜること。焦がしては台無しです!!)
 5.仕上がったら粗熱を取り、小さめの保存袋(15cm×18cm)に入れて
   平らにのばし、菜箸などで6等分くらいに筋目を付けて冷凍しておくと
   使いやすいです。(糖度が高いためガチガチには凍りません。
   1ヶ月を目安に使い切りましょう!)


【オニオングラタンスープ】
飴色玉ネギがあれば、思い立ったらいつでも作れます。
受験生の夜食や、休日のランチメニューにもお勧め。
少しの努力で家族みんなが喜んでくれたら、こんなにうれしいことはありませんよね。

材料(2人分)
 ・飴色玉ネギ(上記の方法で保存しておいたもの) 2かけ(およそ玉ネギ1個分)
 ・お湯      2カップ(400cc)
 ・ローリエ(大きめの葉)   1枚
 ・洋風スープの素       1袋(8g)
  (化学調味料、合成保存料、甘味料無添加のものを使いました)
 ・にんにく   1片
 ・塩      適量
 ・ブラックペッパー      適量
 ・フランスパン    1.5cm位の厚さに切ったもの2枚
 ・グリエールチーズ      40〜50g
  (なければとろけるタイプのチーズでよい)
 ・仕上げ用にパセリなどのハーブ     少々
  (今回はフェンネルを使いました)

下準備
 ◎にんにくは芯を取り、すりおろしておく
 ◎フランスパンは1.5cm位に切り、トーストしておく

作り方
 1.鍋にお湯を沸かし、飴色玉ネギ2かけとローリエ、にんにくのすりおろし、
   洋風だしを加え強火にかけ沸騰したら灰汁を丁寧に取り除き、
   弱火でコトコト10分程煮込む。
 2.味をみて薄いようなら塩で味を整え、ブラックペッパーはやや多めに
   加えてスープは完成。
 3.耐熱容器にローリエを取り除いたスープを入れ、トーストしておいた
   フランスパンを乗せ、充分にスープを吸わせてからチーズを乗せて、
   温めておいたオーブントースターで5〜6分程焼き、チーズにこんがり
   焼き色が付いたらOK。
 4.お好みで、パセリのみじん切りなどを振りかければ熱々とろとろの
   オニオングラタンスープの完成です!
   飴色玉ネギとチーズ、フランスパンが絶妙に絡み合って、本当に頑張った
   甲斐のあるスープですよ〜!!是非作ってみてね。

 * 熱々なのでくれぐれも火傷しないように、充分気をつけて召し上がって
   くださいね。
 * 手持ちの耐熱容器に合わせた分量となっていますので、たくさん
   召し上がりたい方は加減してください。


あとがき
 日々忙しくしていると、料理のために時間を費やすことは容易ではありませんが、時にはじっくり「おいしい素」を仕込んでおくのもいいものです。

resipi-091029-3.jpg  今回ご紹介の「オニオングラタンスープ」もまさにその「おいしい素」があるからこその逸品と言えますよね。
 食材自体は高価なものなど一つもないけれど、「時間」という贅沢が詰まったスペシャルメニューと言ってもいいのではないでしょうか?

 家族が大好きなのは言うまでもありませんが、食スペ仲間からは、「飴色玉ネギ様々だよね〜!!」とか「食材はシンプルだけど、すごく贅沢なスープ!!」とか、「うわぁ〜奥深い味わいだわ!!」とか本当にうれしい言葉を頂きました。
うふっ♪

 これからは一段と寒くなる季節。
空気も乾燥して風邪やインフルエンザが気になるシーズンでもありますが、体温を上げると体の免疫力もアップするそうですよ。
熱々の極上手作りスープで体温を上げ、風邪やインフルエンザにも負けない体を目指しましょう!


西舘 友子


posted by 料理 レシピ at 10:00| レシピby西舘友子